調停

将来の紛争:  WIPO専門家による決定併用調停条項

本契約および本契約の今後の改訂における[専門家の決定に付託される問題の範囲を記述]の下で、あるいはこれらに起因ないし関連して生ずる、当事者間のあらゆる紛争または意見の相違は、WIPO調停規則による調停に付託されるものとする。調停地は[場所を記述]とする。また、調停において使用される言語は[言語を記述]とする。

当該紛争または意見の相違が調停開始後[60][90]日間の調停の結果として解決に至らない場合、かつその限りにおいて、いずれか一方の当事者が専門家の決定申立書を提出することにより、当該紛争または意見の相違はWIPO専門家による決定規則による専門家による決定に付託されるものとする。また、上記の[60][90]日の期間満了以前であっても、一方当事者が当初より、あるいは途中から調停に参加しない場合、当該紛争または意見の相違は、相手方当事者が専門家による決定申立書を提出することにより、WIPO専門家による決定規則による専門家による決定に付託されるものとする。専門家によって下された決定は、当事者を拘束する[しない]ものとする。また、専門家による決定手続において使用される言語は[言語を記述]とする。

既存の紛争:  WIPO専門家による決定併用調停付託合意

我々、以下に署名する当事者は、下記の問題をWIPO調停規則による調停に付託することに合意する。

[当事者間の紛争または意見の相違についての簡潔な記述]

調停地は[場所を記述]とする。また、調停において使用される言語は[言語を記述]とする。

さらに、我々は、当該問題が調停開始後[60][90]日間の調停の結果として解決に至らない場合、かつその限りにおいて、いずれか一方の当事者が専門家の決定申立書を提出することにより、当該問題はWIPO専門家による決定規則による専門家による決定に付託されるものとする。また、上記の[60][90]日の期間満了以前であっても、一方当事者が当初より、あるいは途中から調停に参加しない場合、当該紛争または意見の相違は、相手方当事者が専門家による決定申立書を提出することにより、WIPO専門家による決定規則による専門家による決定に付託されるものとする。専門家によって下された決定は、当事者を拘束する[しない]ものとする。また、専門家による決定手続において使用される言語は[言語を記述]とする。